2017.03.21 Tuesday

3679 じげんについての考察

0

    JUGEMテーマ:株・投資

     

    こんばんは!

     

    株好きネコこと招きネンニョです。

     

    今日は、3679 じげん について調べてみたいと思います。

     

    では、いつもどおり有価証券報告書を見てみましょう。

     

    1.業績

     

    単位は、億円です。

    項目 12/3 13/3 14/3 15/3 16/3
    売上高 5 11 19 31 50
    経常利益 2.2 5.9 9 12 16


    業績過去5期です。


    売上高は順調に推移しており、

     

    だいたい5億から23億円に伸長しています。

     

    経常利益は毎期出ており、少ないときは

     

    2億円、多いときは16億円です。

     

    たいへん売上高経常利益率の高い会社

     

    ということがわかります。

     

    では、どんな事業をしているのでしょうか。


    2.事業の内容

     

     

    有価証券報告書にはこう書いてあります。

    ライフメディアプラットフォーム事業

    とあります。

     

    これは、何かというと

     

    ・求人情報

    ・賃貸情報

    ・中古車情報

    ・旅行情報

    ・婚活情報

     

    などを、インターネット上で案内しています。

     

    皆さんも一度は見たことがあるかもしれません。

     

    それも何気に・・・

     

    サイト名は、

     

    ・アルバイトEX

    ・中古車EX

     

    など、文字の最後に 「EX」がついているサイトです。
     

    これらのサイトの優位点はいろんなお店や求人情報などを、

     

    一括検索、一括応募できることです。

    つまりどういうことかというと・・・

     

    いろんなお店のサイトを見て、1つ1つ探すのではなく、

     

    このサイトを見ればだいたいのお店や情報が掲載されているとしている点です。

     

    つまり、網羅性 が売りです。


    さて、収入源ですが、このサイトに掲載されている

     

    お店や会社などからいただく手数料収入ということになります。

    したがって、このサイトのアクセス数

     

    つまり、見る人の数がたいへん重要になってきます。

    3.事業等のリスク

     

    じゃあ、次は事業リスクです。

     

    ・特定人物への依存
    ・小規模組織であること
    ・システム障害
    ・個人情報保護

     

    などです。

     

    いずれもIT企業によくありがちなリスクですね。

     

    4.役員の状況

    社長は若いですね。

     

    30代後半です。

     

    役員も30代後半が中心です。

    役員報酬は常勤取締役3名に対して、3400万円程度

     

    一人当たり1100万円程度です。

    安いほうだと思いますが、子会社がたくさんあるので、

     

    兼任役員の場合はこの他にも報酬はあると

     

    考えたほうがいいでしょう。

    5.従業員の状況

    従業員の兵器年齢は29歳、平均年収は439万円です。

     

    平均年齢が若いですから、この程度は並の水準でしょう。
     

    6.総評

    インターネットの中で、ある分野を一括検索するには、

     

    たいへん便利なサイトです。

     

    しかし、こういったサイトアクセス数に依存している会社は

     

    インターネットに代わる新たなプラットフォームが出現すると崩壊します。

    また、グーグルyahoo!などの検索て上位に来るかどうかがたいへん重要です。

     

    ちなみに、「アルバイト 探し」でYahoo!検索すると

     

    アルバイトEXは、11番目でした。

     

    まだまだ弱い感じがします。

     

    ただ、今後少しでも上位に行くようになれば、

     

    アクセス数は飛躍的に上昇します。

     

    まだまだ伸びしろはあると思います。


    では、ニャイニャイ!!

    2017.03.20 Monday

    3121 マーチャント・バンカーズについて調べてみた。

    0

      JUGEMテーマ:株・投資

      こんばんは!

       

      株好きネコこと招きネンニョです。

       

      3連休、市場が開くのが待ち遠しいですね。

       

      しかし、新興市場が下落傾向にあるので

       

      この一週間は様子見のほうがいいかもしれません。

       

      では、今日は3121 マーチャント・バンカーズ

       

      について調べてみたいと思います。

       

      では、まずは有価証券報告書を見てみましょう。

       

      1.業績

       

      単位は、億円です。

      項目 12/3 13/3 14/3 15/3 16/3
      売上高 35 37 38 26 34
      経常利益 ▲4.6 ▲0.8 0.2 ▲2 0.3


      業績過去5期です。

       

      売上高は、30億円前後を行ったり来たりといった感じです。

      経常利益は直近でマイナスの年も多く、

       

      利益が出たとしても数千万円レベルです。

       

      一つ気になったのは、直近決算が第92期となっており、

       

      そこらの出来たてのベンチャー企業ではないということが

       

      分かります。

       

      では、会社の沿革を見てみましょう。

       

      2.沿革

       

      昭和22年3月に西日本紡職株式会社を設立

       

      とあります。

       

      ん?

       

      この会社は、元は紡績会社がスタート?!

       

      そして、

       

      平成8年6月にオフィスビルの賃貸業

      平成8年9月にボウリング場の運営

      と 多角化に乗り出します。

       

      平成14年5月に紡績事業から完全撤退

      となり、ここで

       

      平成15年1月に「アセットマネージャーズ株式会社」に親会社が変更

       

      ここで、なんとなく、今の名前に近づきましたね・・・

       

      この後、ホテル運営の会社を買収したり、紆余曲折の後

       

      平成21年7月に社名は「マーチャントバンカーズ」になったということのようです。

       

      だから、歴史のある会社に見えたんですね。。。

       

      結局は、投資ファンドのような会社が紡績会社を買収して

       

      その後ホテル事業など多角化をしていった、

       

      そんな歴史でしょうか。

       

      さあ、どんな事業をしているのでしょう。

       

      3.事業内容

       

      有価証券報告書には、こう書いてあります。

      .沺璽船礇鵐函Ε丱鵐ング事業

      ▲ペレーション事業

      マニュファクチャリング事業

       

      まず

       

      .沺璽船礇鵐函Ε丱鵐ング事業って・・・

       

      これ何やねん?

       

      ってところですが、

       

      主に、日本および中国企業、及び不動産向けの

       

      投資事業のようです。

       

      企業への投資は、ベンチャーキャピタルでしょうね。

       

      不動産の投資は、不動産売買による売却益

       

      それと、不動産の賃料収入収入源です。

       

      なんで、こんな分かりにくい「事業名」にしているのかな

       

      と思います。

       

      株式、不動産投資事業でいいんじゃない?と思います。

       

      次に▲ペレーション事業

       

      これも何やねん?

       

      と思います。

       

      これは、ホテル、宿泊施設、ボウリング場などの

       

      運営事業です。

       

      これも、オペレーション事業じゃなくて

       

      ホテル、アミューズメント施設運営事業

       

      とかいう名前でいいように思います。

       

      最後に、マニュファクチャリング事業

       

      これは、なんか製造しているのかな?

       

      って感じがしますが、

       

      「全自動連続殺菌冷却装置」などを主力製品とする

       

      食品製造機械の製造・販売・保守事業です。

       

      この会社は、製造、サービス、そして投資ファンド

       

      複合企業ということが分かります。

       

      更に言うと、妙にカタカナ言葉が好きな

       

      関西弁でいうところのええ格好しいな

       

      会社という印象です。

       

      セグメント別の売上高で見ると

       

      こんな構成比となっています。

       

      (単位:億円)

      マーチャントバンキング事業 8.9
      オペレーション事業 21.5
      マニュファクチャリング事業 3.7

       

      こう見ると、オペレーション事業(ホテル等)大半ですね。


      4.総評

       

      オペレーション事業はホテル事業ですから、

       

      売上高の大幅な下落はありませんが

       

      売上高を伸ばすには、新しいホテルを増やして

       

      いかない限り増えないでしょう。

       

      また、マニュファクチャリング事業は、

       

      ニッチな食品製造機械を作っているため

       

      大きく伸びないでしょうか、大手が参入しない限り安泰でしょう。

       

      問題は、マーチャント・バンキング事業

       

      これですね。

       

      これ、投資ですからね。

       

      当たりもあれば、はずれもする。

       

      バクチ的な要素を持っています。

       

      そういう意味では、手堅い二つの事業を

       

      マーチャント・バンキング事業で台無しにすることも

       

      十分あり得ます。

       

      当たれば、大きいですが・・・。

       

      では、ニャイニャイ!!

       

       

      2017.03.18 Saturday

      今週(3/13〜17)の成績

      0

         

        JUGEMテーマ:株・投資

         

        こんばんは!

         

        株好きネコこと招きネンニョです。

         

        今週の最後は、新興市場が総崩れとなりましたが、

         

        何とか利益は確保することができました。

         

        では、早速今週の成績を見ていきましょう。

         

        1.今週の成績

         

        2388 ウェッジホールディングス

        3/13

        購入

        @757

        200株

        151,400
        3/13 売却 @801 200株 160,200
        +8,800
        6663 太洋工業

        3/13

        PTS購入 @980 100株 98,000
        3/13 売却 @950 100株 95,000
        ▲3,000
        9449 GMOインターネット
        3/13 購入 @1344 100株 134,400
        3/13 売却 @1335 100株 133,500
        ▲900
        4764 デジタルデザイン
        3/13 PTS購入 @1319 100株 131,900 
        3/14 売却 @1310 100株 131,000
        ▲900
        9758 ジャパンシステム
        3/13 購入 @600 100株 60,000
        3/14 売却 @615 100株 61,500
        +1,500
        3810 サイバーステップ
        3/14 購入 @1069 100株 106,900
        3/14 売却 @1091 100株 109,100
        +2,200
        6027 弁護士ドットコム
        3/14 購入 @835 100株 83,500
        3/14 売却 @851 100株 85,100
        +1,600
        9519 レノバ
        3/14 購入 @1926 100株 192,600
        3/14 売却 @1919 100株 191,900
        ▲700
        2388 ウェッジホールディングス
        3/14 PTS購入 @972 200株 194,400
        3/15 売却 @952 200株 190,400
        ▲4,000
        3441 山王
        3/14 PTS購入 @1083 100株 108,300
        3/15 PTS売却 @1213 100株 121,300
        +13,000
        9519 レノバ
        3/15 購入 @1873 100株 187,300
        3/15 PTS売却 @1918 100株 191,800
        +4,500
        2388 ウェッジホールディングス
        3/15 PTS購入 @870 100株 87,000
        3/16 売却 @887 100株 88,700
        +1,700
        9758 ジャパンシステム
        3/15 PTS購入 @626

        200株

        125,200 

        3/16

        PTS売却 @654 200株 130,800
        +5,600
        9519 レノバ
        3/16 購入 @1882 100株 188,200
        3/17 PTS売却 @1730 100株 173,000
        ▲15,200
        3264 アスコット
        3/17 購入 @574 100株 57,400
        3/17 売却 @549 100株 54,900
        ▲2,500
        合計 +11,700

         

        +11,700でした。

         

        結果的に勝ちましたが、今回も反省点は多いです。

         

        2.反省点

         

        まず、3/14 PTSで購入した 2388ウェッジホールディングス

         

        購入単価は@972円でしたが、翌日の3/15に

         

        一時@1000円を超えている時間帯がありました。

         

        利益として、+5000出ていました。

         

        ところが、ここで、売却を躊躇しました。

         

        なぜなら、もっと伸びると思っていたからです。

         

        結果、取得単価@972を下回り、@952で損切。

         

        利確は、早めにすべきでした。

         

        もう一点は、最終日の3/17に売買した9519レノバです。

         

        これ場中に突然の大幅下落。

         

        通常逆指値で、損切するはずが、逆指値を忘れており

         

        そのまま暴落。

         

        一週間の勝ち分を返上してしまいました。

         

        これは、単純に逆指値忘れです。

         

        次週は、今回の失敗を活かせるかな・・

         

        では、ニャイニャイ!!

         

        2017.03.17 Friday

        9519 レノバのバカやろー(><)

        0

          JUGEMテーマ:株・投資

           

          ♪ レはレノバのレ  はレノバの〜 (^^♪

          ♪ ノはレノバのノ  はレノバの〜 (^^♪

          ♪ バはレノバのバ  はレノバの〜 (^^♪

          3つ合わせて

          バカやろー!!! ( ゚Д゚)

           

          1.レノバどうしたのか


          さ、今日あった出来事を紹介します。

          前日から仕込んでいたレノバ株

           

          1880円で購入していました。

          前日のPTSで売却するしようとするも、

           

          いい値段にならず、放置していたところ、

           

          今日ですよ。

          見てください。

          このギロチンチャート

           

          2.逆指値は?

           

          いつもなら、だいたい1860円近辺売りの逆指値

           

          入れるはずだったのですが、今回はてっきり忘れていました。

           

          もう1880円より下がることないかな、という慢心があったのかもしれません。

           

          せっかく、良い調子できていた一週間だったのに・・・。

           

           

          3.反省点

           

          そう、今回の反省点は、逆指値を入れなかったこと。

           

          これに尽きます。

           

          新興自体が全体的に下げていたので、逆指値で損切した後、

           

          他の銘柄の押し目が狙えたはず。

           

          今回もいい経験になりました。

           

          次に活かします・・・。

           

          3連休はしっかり休もうっと

           

          では、ニャイニャイ!!

           

           

          2017.03.14 Tuesday

          2388ウェッジホールディングスとはどんな会社?

          0

            JUGEMテーマ:株・投資

            こんばんは!

             

            株好きネコこと招きネンニョです。

            今日は、株をやっている人の中では有名な

             

            2388ウェッジホールディングスについて

             

            調べてみたいと思います。

            早速、有価証券報告書を見てみましょう。
             

            1.業績

             

            単位は、億円です。

            項目 12/9 13/9 14/9 15/9 16/9
            売上高 33 48 59 86 92
            経常利益 8.9 8.5 3.8 19 30


            業績過去5期です。

             

            売上高は、33億円〜92億円と大きく伸びています。

            経常利益は直近で30億円?!

            とてもつもない利益ですね。

            けれども、

             

            包括利益マイナス19億円

             

            これ何でしょう。

            2.事業内容

             

            有価証券報告書には、こう書いてあります。

            Digital Finance事業

            ▲灰鵐謄鵐鳥業

             

            Digital Finance事業は、何をしているかというと・・・

             

            タイやカンボジア、ラオスといった東南アジアの国々

             

            オートバイローンをしている会社を運営しています。

            おそらく東南アジアで、オートバイ購入資金を貸して、

             

            分割返済してもらう会社でしょう。

            セグメント別の売上高で見ると

             

            こんな構成比となっています。

             

            (単位:億円)

            Digital Finance事業 87
            コンテンツ事業 5

             

            こう見ると、Digital Finance事業が大半です。


            3.事業リスク

            Digital Finance事業では 

             

            タイ、カンボジア、ラオス、インドネシアで、

             

            オートバイ、農業重機などのローンを事業としています。

            当然、貸倒リスクがあります。

            また海外で事業運営している以上

             

            海外の政治状況テロなどの影響を受けます。

            確かに、地域別セグメントでは、

             

            東南アジア 87
            日本 5


            です。

             

            こう見ると、海外に依存していることがわかりますね。

             

            その他の事業リスクとして、


            親会社は5103昭和ホールディングスです。

            なんと、議決権割合は63.43%です。

             

            過半数を保有しています。

             

            親会社の影響を受けるというリスクは確かにありますが

             

            独立した運営をしていることがアピールされています。

             

            4.総評

             

            タイにある子会社GLで、不正取引があったという一連の報道がありました。

             

            ネットでは上場廃止か?といった噂がありました。

             

            実際どうなんでしょうか。

             

            会社側は、監査法人の監査報告書は「無限定適正意見」

             

            つまり、会計報告は正しいという結論を出しています。

             

            個人的な意見ですが、

             

            もうしばらく様子を見た方がいいような気がします。

             

             

            Calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>
            スポンサードリンク
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM